日本カルト協会

永岡弘行 Nagaoka Hiroyuki

1938年生
JSCPR理事
「オウム真理教家族の会」代表

講演可能なテーマ、又講演等で伝えたいことなど

「オウム真理教というもの、そして今」
「オウム裁判の感想」
「被告人はまじめに人を殺した、だが‥‥」
「オウム問題の経緯と信者・家族たち」
「カルトに対処する家族らのあり方」 「カルト対応―家族からみたマインド・コントロール」
「家族からみた破壊的カルトの問題」
「家族からみた、地域・国家にお願いしたいこと」
「戻った後のケアーの重要性」

講師履歴

元企業の一戦士。1989年、子どもがオウム真理教に入信出家したことから、同じ 立場の家族らと交流を初め、 同年10月、故坂本堤弁護士の指導でできた「オウム真理教被害者の会(現在の同家 族の会)」の代表となる。以後、 同教団と正面から戦い、また家族らからの相談・調整を行う。1995年1月オウム からの「VX溶剤」攻撃により死線をさまよう。